NEWS

あてら7号を発行しました。

2019.03.20

 
3月30日より、「あてら」7号の配布が始まりました。今号のテーマは「大多喜の歩き方」。車で通り過ぎてしまうのはもったいない、歩くスピードの中でこそ見えてくる風景があります。mitosaya薬草園蒸留所の山本祐布子さんとは薬草園の広大な庭の中を、画家・書家・陶芸家の髙仲健一さんとは道なき山をその小さな頂まで、案内していただきました。ぜひご覧ください!

あてらのInstagramを始めました。

2019.03.01

 
これまで「あてら」はSNSのアカウントを持っていませんでしたが、2019年春からInstagramをスタートすることにしました。 創刊号からずっと誌面とwebの撮影を担当してくださっているカメラマン・岩田貴樹さん、そして7号の取材でご一緒してくださったカメラマン・西田香織さんが切り取る鮮やかな景色の数々は、私たちが暮らす大多喜という町の生活の記録そのもの。どうぞじっくり、ご覧いただければうれしいです。そしてみなさまのフォローをどうぞよろしくお願いします!
https://www.instagram.com/atera_otaki/

 

あてら6号を発行しました。

2018.10.30

 
10月30日より、「あてら」6号の配布が始まりました。今号のテーマは「子どもと」。といっても、子どもの特集ではありません。主役は大多喜で子どもと一緒に生きる大人たち。彼らの工夫や模索、考え方から暮らしぶりまで、たっぷり、じっくり、紹介します。
 

あてらのバックナンバーがHPで読めるようになりました。

2018.10.30

 
大多喜の冊子「あてら」は2016年に創刊しました。2号の発行依頼、バックナンバーを読みたいというお問い合わせを多数いただいておりましたが、すでに在庫がないものも多かったためご送付が難しい状況でした(お送りできなかった皆様、申し訳ありません!)
本日より、過去に発行したバックナンバーのすべてをホームページ上で閲覧いただけるようになりましたので、ご報告いたします。なお最新号は配布のみとなりますのでご理解ください。次号発行時にはデータでの閲覧ができるようになりますのでお楽しみに!

バックナンバーはこちらへ >>>

あてら5号を発行しました。

2018.04.01

 
4月1日より、「あてら」5号の配布が始まりました。テーマは大多喜の特産品である「たけのこ」。産地ならではのおいしい食べ方をたっぷりお伝えしつつ、竹とともに生きる人々の暮らしとその風景をご紹介しました。初めて見るたけのこの姿が、きっとあります。

あてら4号を発行しました。

2017.10.01

 
10月1日より、「あてら」4号の配布が始まりました。テーマは「大多喜メイド」。これまで大多喜でつくられてきたもの、これから大多喜でつくられてゆくものをご紹介しています。人の手が生み出す仕事の美しさ、緻密さ、繊細さ、ダイナミックさに、ぜひ出会ってください。

あてらピープルvol.01  12人分のウェブ記事を再公開いたしました!


大多喜屋 中田圭さんの記事を1カ月限定で公開しました!

2017.07.01
7月1日より、 ATERA PEOPLE 12 大多喜屋 中田圭さんの記事を公開しました。 ぜひご覧ください。  詳しく読む >>

全国測量設計業協会連合会専務理事 宮崎清博さんの記事を1カ月限定で公開しました!

2017.06.01
6月1日より、 ATERA PEOPLE 11 全国測量設計業協会連合会専務理事 宮崎清博さんの記事を公開しました。 ぜひご覧ください。  詳しく読む >>

読夢(ドリーム)の会 藤井千江子さん、土屋則子さんの記事を1カ月限定で公開しました!

2017.05.01
5月1日より、 ATERA PEOPLE 10 読夢(ドリーム)の会 藤井千江子さん、土屋則子さんの記事を公開しました。 ぜひご覧ください。  詳しく読む >>

あてら3号を発行しました。

2017.04.01
4月1日より、「あてら」3号の配布が始まりました。テーマは「働くお父さん」。大多喜で暮らす4人のお父さんたちに自身の仕事への思いを伺いました。ひとりひとりの働きが町と未来を作っていく。いつか子どもたちにも読んでほしい1冊です。

母 安藤麻美さんの記事を1カ月限定で公開しました!

2017.01.01
1 月1日より、  ATERA PEOPLE 09 母 安藤麻美さんの記事 を公開しました。 ぜひご覧ください。  >>>


大坊さんと水野さんのおいしい珈琲対談を公開しました!


あてら2号を発行しました。

2016.11.01
11月1日より、「あてら」2号の配布が始まりました。テーマは「大多喜のおいしい」です。私たちが大多喜で出会った4つのおいしい話をたっぷり堪能してくださいね。今回は冊子の“紙”にも注目。色と厚みの異なる2バージョンを作りました。記事の味わいも、もしかしたら違うかもしれません。

あてらウェブサイトに新コンテンツが登場します。

2016.11.01

冊子「あてら」2号に登場いただいた、大坊珈琲の大坊勝次さんによる深煎り珈琲についてのインタビュー、菜食料理家・iinaさんによる大多喜野菜を使ったメキシカンレシピの紹介、これまであてらで取り上げたお店や場所を記載したスペシャルマップなど、Webでしか読めない充実の内容をたっぷりお届けします。更新は11月15日、12月15日、1月15日を予定。